3月18日は「春の睡眠の日」


こんにちは。
寒竹ファミリー歯科です。

3月に入り、日ごとに暖かさを感じられるようになってきました。春は「眠い」とよく言いませんか?
ことわざの「春眠暁(しゅんみんあかつき)を覚えず」とは、春の夜はまことに眠り心地がいいので朝がきたことにも気付かず、つい寝過ごしてしまう、という意味だそうです。

ちなみに、日本には2回の睡眠の日があることをご存じですか?
「ぐっすり」の語呂合わせから9月3日がもともとあった睡眠の日(秋の睡眠の日)ですが、2012年から、3月18日も「春の睡眠の日」となりました。
これは、世界睡眠医学協会が定めた「世界睡眠の日(World Sleep Day)」に合わせたもので、睡眠健康推進機構と日本睡眠学会が協力して記念日を制定しました。

【睡眠不足の原因は、歯ぎしりやくいしばり?】

朝起きた時に「なんだか疲れが取れていない」「顎に違和感がある」などの症状はありませんか?
このような症状がある場合は、就寝中に歯ぎしりやくいしばりをしているかもしれません。
睡眠中に行う歯ぎしりのことを「睡眠時ブラキシズム」といい、本人も気付かないうちにさまざまな悪影響を受けている場合があり、睡眠の質が落ちてしまうことも少なくありません。
歯がすり減ったり、割れてしまうこともあり、歯ぐきに強い力がかかることで歯周病の悪化につながる場合や顎関節症(がくかんせつしょう)を誘発することもあります。

《睡眠時ブラキシズムには大きく分けて3つのタイプがあります》

1. グライディング:ぎりぎりと上下の歯をこすり合わせる歯ぎしり
2. タッピング:カチカチと上下の歯を連続的に噛み合わせる歯ぎしり
3. クレンチング:ただ歯を強く噛みしめる歯ぎしり

【睡眠時ブラキシズムの原因】

睡眠時ブラキシズムの原因は、複数の因子が関係している「多因子性」といわれています。
ストレスや性格・遺伝・薬の服薬・飲酒・喫煙・特定の疾患(中枢神経系の障害や睡眠呼吸障害)など、さまざまな因子が関与していることが報告されています。
[参考:テーマパーク8020の記事より抜粋]https://www.jda.or.jp/park/trouble/bruxism02.html

【健康へのリスク】

1.歯の摩耗・欠損

日中の意識下では、強い力で噛んで歯が傷まないように制御がかかりますが、睡眠中は歯をくいしばる力をコントロールできません。
歯ぎしりを毎日のように行うと歯が欠けたり、すり減ったりしてしまいます。歯の表面のエナメル質が削れてしまうと 、その内側にある歯の弱い部分がむき出しになってしまい、虫歯や歯周病に侵されやすくなります。

2.つめ物が欠ける

せっかく治療した歯のつめ物が欠けてしまったり、圧力で歯とつめ物の間に隙間ができてしまい、その箇所から虫歯になってしまうことがあります。

3.顎関節症

歯だけでなく顎にも強い力がかかり、顎関節症を誘発する原因になります。顎関節症になると硬い食べ物や大きな食べ物が食べづらくなることがあります。

4.歯周病の発症

歯と歯ぐきの間に隙間が生じ、そこに歯垢がたまりやすくなります。細菌が増殖し、やがて歯周病を発症します。

5.歯の隙間が広がる

くいしばりによる負荷で歯や顎の骨が割れるのを防ぐために、歯と歯の隙間が広がっていくことがあります。

6.肩や首の痛み

歯ぎしりが原因で寝ている間の首や肩に強い力がかかり、筋肉が緊張し、こわばるなど、痛みの原因につながります。

【歯ぎしり・くいしばりの対策について】

1.マウスピースを就寝時に装着する

歯科医院でご自身の歯に合ったオーダーメイドのマウスピースを作製し、就寝時に装着することで歯や顎、首、肩などにかかる負担を軽減します。

2.歯科矯正

噛み合わせが原因の場合は、歯科矯正で改善する場合があります。

3.ストレスの発散

多くの歯ぎしりの原因はストレスといわれています。スポーツや趣味など、ご自身に合ったストレスの解消で対策することも有効です。

【マウスピースは歯科医院で作りましょう】

歯ぎしりを指摘された、自覚症状がある、という場合は早めに対応して睡眠の質を高めましょう。
就寝時のマウスピースは、装着するだけで「睡眠時ブラキシズム」から歯を守ってくれます。
ご自身に合ったものを使うことが重要となるため、歯科医院での作製をおすすめします。歯ぎしりでお悩みの方はお気軽にご相談ください。