正しい口腔ケアで生活習慣病を予防しよう

口腔ケア

こんにちは。寒竹ファミリー歯科です。

5月9日は「口腔ケアの日」でした。口腔ケアとはお口の中をきれいにし、機能を保つこと。
口腔ケアを行うことで、虫歯や歯周病を予防するだけでなく、さまざまな病気の予防になり全身の健康にも大きく影響します。
今回は、医療や介護の現場でも注目されている「口腔ケア」ついてお話しします。

口腔ケアの重要性

口腔ケアをおろそかにして、歯周病になってしまうと歯と歯ぐきに影響があるだけでなく、口臭、脳梗塞や心疾患など多くの病気を招く恐れがあります。
歯周病は、メタボリックシンドロームや糖尿病、リウマチなどお口以外の疾患の引き金になる場合も。

さらに口腔機能の低下による嚥下(えんげ)障害を起こすと、口の中の細菌が原因の誤嚥性肺炎や感染症などを発症し、命に危険が及ぶこともあります。
このようなリスクを低減するためにも、口腔ケアをしっかり行いましょう。

口腔ケアのポイント

口腔ケアは大きく分けて、2種類あります。

  1. 器質的口腔ケア:歯磨きだけでなく義歯や舌の清掃なども行い、お口の中を清潔に保ちます。
  2. 機能的口腔ケア:口周りの筋肉や舌を動かすことで口腔機能の低下を防ぎ、口腔機能の維持、回復に向けたケアを行います。

このように口腔ケアは、歯磨きなどでお口の中を清潔に保つことだけでなく、口腔機能の低下を防ぐトレーニングやリハビリなども含めた幅広い内容のことをいいます。

健康な笑顔のために、口腔ケアを大切に

正しい口腔ケアは、口腔の健康を維持し、生活習慣病や感染症の予防につながります。
また、健康な口腔を保つことで豊かな食生活を楽しめるため、人生の喜びにもつながります。

そのためには、歯科医院での定期的な歯のクリーニングや検診が欠かせません。
健やかな毎日を笑顔で過ごすために、正しいセルフケアと歯科医院でのケアを心掛けましょう。