寒竹ファミリー歯科(一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、歯周病治療、予防歯科、インプラント、審美歯科、入れ歯、訪問歯科診療)

フッ素塗布

フッ素塗布(フッ化物塗布)について

フッ素塗布フッ素とは、歯を強くし、虫歯予防に効果的な化合物。特に生えたての永久歯に効果的です。
当院では、虫歯予防の一環として、フッ化ナトリウムを用いてフッ素塗布を行っております。フッ素塗布は定期的に行って頂くことをお薦めしております。
また、フッ素入りの歯みがき剤や、フッ素入りのうがい薬等を併せて日常的にご使用頂くことで、より虫歯になりにくい歯を作ることが出来ます。当院では、より効果の期待出来る歯みがき剤などもご紹介しております

フッ素塗布が虫歯を予防する

初期虫歯を治す

歯は食事のたびにカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出し(脱灰)、だ液によって溶け出した成分を戻します(再石灰化)。このバランスが崩れた時に初期虫歯が始まります。

フッ素塗布を行うことによって再石灰化が促進され、初期の虫歯に多くのミネラルが吸収され治っていきます。

脱灰と再石灰化

歯を強くする

フッ素塗布は歯の溶け出した成分を戻す再石灰化の時に、表面のエナメル質の成分(ハイドロキシアパタイト)と結びついて「フッ化アパタイト」という硬い構造に変化し、歯を強化致します。これによって歯は酸に強くなり、酸による脱灰が起こりにくくなることから、初期虫歯の発生を防ぎます。

虫歯の病原菌の活動を抑える

虫歯菌の出した酸が歯を溶かしていくのが虫歯です。フッ化物から遊離したフッ素イオンは虫歯菌の中に入り込んでその活動を抑えるため、結果として作られる酸の量が減り、歯が溶かされにくくなります。
虫歯の病原菌の活動を抑えるフッ素

生え始めの永久歯のお子さんにお薦め致します!

生え始めの永久歯のお子さん生えたての永久歯は歯の表面が弱く、歯の溝も深いために虫歯になる確率が最も高い時期です。
この時期に歯を削ってしまうと、その後の虫歯リスクが高くなり、歯の寿命が短くなります。歯の寿命をのばすためにも、永久歯が生えてから2~3年は定期的にフッ素塗布を行い、危険な時期を乗り越える必要があります。

【船橋駅】東武百貨店7階の歯医者さん TEL 047-425-2091 診療時間 10:00 - 18:30 [ 祝日休診 ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+