子どものだらだら食べに気をつけよう

こんにちは。
寒竹ファミリー歯科です。

子どもに甘い物を飲食させすぎないように気を付けているつもりでも、
気づかないうちに糖質をとり過ぎてしまい、虫歯になるケースが非常に多いんです。
虫歯の原因になりやすいのは、糖質の量よりも摂取頻度です。

アメやガム、グミなど、長時間かけて食べるお菓子は最も虫歯になりやすいといわれています。

おやつは果物やおにぎりなどを中心に、決まった量、時間で食べさせることが大切です。
また、体によさそうなスポーツドリンクや乳酸菌飲料にも砂糖がたっぷり入っています。
お子様のだらだら食べや、糖分の多い飲み物には気を付けましょう。

半年に1度は歯科医師による定期健診を受けていただくことをおすすめします。