正しい歯のみがき方で歯を守ろう

こんにちは。寒竹ファミリー歯科です。

皆様は歯を磨くとき、どのくらいの力でみがいていますか?
しっかりみがこうと思うほど、ゴシゴシと力が入ってしまうという方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際は強い力で歯をみがきすぎると歯ぐきを傷つけてしまったり、歯の表面が削られ薄くなり虫歯になりやすくなってしまいます。

歯はやさしく磨く

大切な歯を守るためには[細かく、やさしく磨く]ことがポイント。歯ブラシを歯にまっすぐ90度に当て、小刻みにやさしく磨くことをオススメします。また、歯周病予防には歯と歯ぐきの境目に45度の角度に歯ブラシを当て、細かく前後に動かしましょう。どうしても力が入ってしまう方は鉛筆を持つような持ち方でみがいてみてください。

みがき残しの多いところ

歯をしっかりみがいていても、歯ブラシが届きにくいところなどに、みがき残しがあることも。
歯と歯の間、歯と歯ぐきのさかい目、奥歯のみぞなどはとくに意識して1本1本、丁寧にみがきましょう。

当院では正しい歯のみがき方の指導も行なっています。ご自身やお子様のみがき方などで不安なことがあれば、お気軽にご相談くださいね。