フッ素の効果で虫歯予防

フッ素 歯を強くする

こんにちは。寒竹ファミリー歯科です。

皆様は、フッ素(フッ化物)配合の歯磨き剤や洗口液を使っていますか?
今回は、フッ素について、どのようなもので、どんな効果があるのかお話しします。

フッ素ってなに?

フッ素(F)は必須微量元素と言われるもので、緑茶・紅茶・ビール・塩・味噌・大根・魚貝類・肉など、 日常口にしているほとんどの食品中に含まれています。
必須微量元素とは、生命と健康の維持に欠かすことのできない元素で、鉄(Fe)や亜鉛(Zn)、ヨウ素(I)などがあります。
フッ素はミネラルのひとつで、丈夫な歯や骨のために必要な栄養素です。

フッ素の3つの作用

フッ素は丈夫な歯や骨をつくるためにも大きな役割を果たしていますが、歯に対しては、次の3つの作用があります。

1. 歯の表面を強くする
歯の表面を覆うエナメル質を酸に溶けにくい性質に変え、虫歯に対する抵抗力を強くする。

2. 虫歯菌の活動を抑える
抗菌作用で、虫歯菌がつくり出す酸の発生を抑え、虫歯菌の活動を抑える。

3. 再石灰化を助ける
唾液に含まれる成分にも溶け出したミネラル分を補充して元通りにする再石灰化という働きを助ける。

フッ素の効果で虫歯予防

歯科医院では虫歯予防の処置として「フッ素塗布(フッ化物歯面塗布)」を行なっています。
特に生えはじめのまだ柔らかい歯に対して有効なため、お子様に推奨しています。
もちろん、大人の方にも効果があります!
大人は、加齢や歯周病により段々と歯ぐきが下がってきます。歯ぐきが下がると歯根(歯の根っこ)が露出してしまいます。この歯根は、硬いエナメル質には覆われていないため表面が柔らかく、生えたての乳歯と同様に虫歯リスクが高い箇所です。
この虫歯リスクを下げるために、大人の方には高濃度のフッ素塗布を定期的に行うことをオススメしています。
歯科医院でのフッ素塗布は時間と共に効果が薄れてしまうため、ご家庭でできる「フッ素配合歯磨き剤」や「フッ素配合洗口液」の使用と合わせ、積極的にフッ素を活用しましょう。

フッ素配合歯磨き剤の使用ポイント

フッ素をより効果的に活用するためにはコツがあります。

  1. すすぎは少量
    少量の水で1・2回にとどめ、フッ素の成分が口の中に残るようにする。
    はじめのころはお口の中に歯磨き剤の味が残り、気になるかもしれませんが慣れてくるので試してみてください。
  2. 就寝前に使用
    寝ている間は唾液の分泌が少なくなるのでお口の自浄作用が下がります。虫歯予防のためにフッ素配合の歯磨き剤を使用しましょう。

この2つを意識して、フッ素配合歯磨き剤を使用してくださいね。