4月7日は歯垢なしの日


こんにちは。
寒竹ファミリー歯科です。

4月7日は語呂合わせによる「歯垢なしの日」。口腔内トラブルの原因となる歯垢をなくし、お口と全身の健康を守って、笑顔で生涯を過ごしてもらうことを目的として、電子イオン歯ブラシメーカーのアイオニック株式会社さんが制定しました。

今回は「歯垢なしの日」にちなみ、歯垢についての豆知識や、正しいケア方法をお伝えします。

【歯垢は細菌のかたまり!】
プラークとも呼ばれる歯垢の正体は、「細菌のかたまり」です。歯に付着した食べかすだと誤解されることも多いですが、細菌と代謝物のかたまりで、歯垢1mgの中には1億個の細菌がいるともいわれています。

唾液の流れが悪い場所で細菌が増殖し、白または薄黄色のねばねばした歯垢を形成します。歯垢が唾液中のカルシウムなどと結合し、石灰化したものが歯石です。だいたい2日から2週間で歯垢から歯石になるといわれており、歯石ができると一層細菌が増殖しやすくなってしまいます。
【歯垢がたまりやすい場所とは?】
下前歯の裏側や、奥歯、歯の間、歯ぐきとの境目など、歯ブラシが届きにくい場所は歯垢がたまりやすいため、特に入念な歯磨きで歯垢を除去しなければなりません。

虫歯は、歯の表面についた歯垢内の細菌が作り出す酸が原因です。また、歯と歯ぐきの境目に付着した歯垢は、歯肉炎の原因となります。
歯肉炎が進行すると、歯ぐきと歯の間に歯周ポケットといわれる隙間ができます。歯周ポケットにはバイオフィルムといわれる歯周病菌の塊が形成され、さらに歯周病を進行させてしまいます。

【正しいブラッシング方法を知ろう】
歯垢ケアには、正しいブラッシングが不可欠です。当院では、あなたのお口に合った正しいブラッシング方法を指導いたします。また、デンタルフロスや歯間ブラシのほか、歯の形状に合った歯ブラシなど、歯並びに合ったケアグッズを選ぶことも重要です。ぜひお気軽にご相談ください。