寒い日に歯が痛い気がする、その理由とは

寒い 歯痛こんにちは。寒竹ファミリー歯科です。

3月に入っても、寒い日が多いですね。そんな寒い日に歯が痛くなることはありませんか?
寒くなると肩こりが起きるように、歯の痛みも出やすくなることがあります。
今回は寒い日の歯痛についてお話しします。

寒い日に歯が痛くなる理由

寒い日に歯が痛くなる原因は大きく分けると2つあります。

かぶせ物やつめ物の冷えが引き起こす歯の痛み

歯の神経が残っている場合のかぶせ物(クラウン)やつめ物(インレー)は材質によって、痛みを感じることがあります。
歯の神経に近い位置へセットされているケースでは、修復素材が冷えると、神経にその冷たさが伝わり、痛みとして感じる場合があります。

歯ぐきの血行不良が引き起こす歯の痛み

歯を支えている歯ぐきは体の末端にあたり、無数の毛細血管があります。
そのため冷えによる歯ぐきの血行不良が起きると、歯ぐきの免疫力が下がってしまいます。
健康時は免疫機能が働き、歯周病菌を抑え込むことができていますが、歯ぐきの免疫力が下がると歯周病菌は悪さをし始めてしまいます。
歯周病などによって、歯ぐきが下がり歯の根の象牙質が露出すると、神経が刺激され歯の痛みを感じます。

まとめ

冬は夏に比べ、水道の水も冷えるため、もともと知覚過敏の方などは特に歯がしみて、痛くなります。
ぬるま湯にするなど工夫をしましょう。
また、その他歯痛にはいろいろな原因があります。少しでも歯痛を感じた方は、お気軽にご相談ください。